So-net無料ブログ作成
検索選択
ベルギー・オランダ ブログトップ

ベルギー・オランダ 春紀行⑬【番外編 グルメ】 [ベルギー・オランダ]

お待たせしました、グルメ特集です~♪



2日目ランチ
P1010742.jpgDSC_0938.jpgDSC_0939.jpg
豆スープ・ポーク料理・ワッフル
・・・スープはトマト風味で美味しい、大量のポテトを見てヨーロッパに来たことを実感(笑)

2日目ディナー
DSC_1049.jpgDSC_1052.jpgDSC_1054.jpg
チーズクロケット・ムール貝のワイン蒸・ベルギーチョコノムース
・・・チーズクロケット(コロッケ)最高☆この辺りではクロケットはよく食べられる。
ムール貝も名物料理。このボウル1杯が1人前です。。。

3日目ランチ
DSC_1265.jpgDSC_1267.jpg
マルクト広場の片隅のテラス付イタリアンカフェにて。ラザニア・マルゲリータピッツア
・・・う、うまかった~☆チーズたっぷりで、かなり濃厚な美味しさ(≧∇≦)

3日目ディナー
DSC_1274.jpgDSC_1276.jpg
これぞ、ベルギーワッフル
おやつのつもりが、あまりのボリュームと甘さに夕飯になってしまいました・・・
ベルギー名物ワーテルゾーイ(←チキンや魚介のクリームシチュー)食べるつもりだったのに(>_<)

4日目ランチ
DSC_1391.jpgDSC_1398.jpgDSC_1400.jpgDSC_1402.jpg
サラダ・ポークソーセージ・ヒュッツポット・ライスプリン
・・・ソーセージはぷりっぷりで美味。
オランダ名物ヒュッツポットは勝手に「ポットに入った煮込み料理だ」と思い込んでいたけれど
実際は具入りマッシュポテトといった感じ。味は、、、、微妙(笑)
ライスプリンは何度食べても苦手だ(-_-;)

4日目ディナー
DSC_0012.jpgDSC_0017.jpgDSC_0021.jpg
ニシンの酢漬け・チキンロール・バニラアイス
オランダで魚といえばニシンというくらい、よく食べられる。臭みがなくて美味しかった。
チキンも美味、この大量のアイスも甘すぎず完食☆

5日目ランチ
P1010850.jpg
キューケンホフ公園のレストランにて。ほうれん草フィットチーネのクリームパスタ(パン添え)
美味しかった~けど大量!パンまでとても行き着かず(^-^;)

5日目ディナー
DSC_0336.jpgDSC_0337.jpgDSC_0340.jpg
ミニパスタのスープ・白身魚クリーム・パンナコッタ
スープ絶品、お魚はまぁまぁかな。パンナコッタ、少々甘すぎ・・・。

6日目ランチ
P1010907.jpg
スーパーマーケットにて購入、サンドウィッチ
なかなか豪快なサンドイッチ☆だって具が・・・・・・・・・
P1010905.jpg
溢れてるし(^-^;) 味もとってもナイスでした☆


ちなみに、朝食はいつもホテルのバイキングにて。
P1010720.jpgP1010762.jpgP1010766.jpgP1010825.jpgP1010863.jpg


ちなみに、ベルギーはビールの聖地!びっくりするほどたくさん種類がある。
(ベルギー国内に125もの醸造所があり、銘柄は1000を越えるほど)
オランダはハイネケンが主流かな。
「旅行中にできるだけたくさんの種類を飲むぞ~」と隣で張り切る某Kちゃん(笑)
アルコールをまったく受け付けない私は、写真だけ撮らせてもらいました(^-^)
DSC_0016.jpgDSC_0934.jpgDSC_1048.jpgDSC_1396.jpgDSC_0194.jpgDSC_1261.jpg

これで全部じゃないのですが・・・(1日何杯飲んでたんだ?ん?)
ベルギービールは、その特長によって「美味しく飲めるグラス」があり
銘柄によってグラスも指定されている。
特に有名なのが最後のビール。「クワック」という名のこのビール、グラスが珍しい!
飲むと「クワック」って音がするのよ~♪


ちなみに私はこんな・・・・おサルのビンのお水や生っぽいキウィジュースなど飲んでました。
DSC_0935.jpg DSC_0193.jpg



<オランダ小話>
オランダは世界一平均身長が高い国と言われている。
男性は183cmくらい、女性も170cmを超えていると言われている。
街を歩くとすら~っとスタイルがよくモデルさんのような人がいっぱい!
とってもかっこいいのです。
・・・でも、、、、トイレの便座が高い高い・・・(^-^;)



13回にわたって書いてきたベルギー・オランダ旅行記ですが
これにておしまいです♪
・・・2ヶ月もかかってしまった(^-^;)
読んでいただき、ありがとうございました!




nice!(13)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ 春紀行⑫【番外編 ディスプレイ】 [ベルギー・オランダ]

ベルギーオランダで街ぶらした時に撮った店舗やディスプレイ写真の特集です。


まずは「ゴディバ
DSC_0849.jpg
(ブリュッセル)

チョコレートかけイチゴ
P1010739.jpg
(ブリュッセル)

ブリュッセルで1番最初に見つけたゴディバに感動(笑)
ブリュッセルにはグランプラスの片隅と少し離れた独立店舗の2軒ありました。
ブルージュでは、地図を見ながら行ってみると・・・・違うお店に変わってた!
ブリュッセルで買い物を済ませておいてよかった~(^-^;)


日本でも名が知れているような有名店だけじゃなく、ベルギーにはチョコレート屋さんがいっぱい☆
しかも愛らしいチョコがいっぱい売られているのだ(^-^)
DSC_0852.jpg
(ブリュッセル)

復活祭近くだったこともあって、やたら「うさぎ」と「たまご」が多かった・・・
DSC_0853.jpg
(ブリュッセル)

お決まりの「小便小僧」
DSC_0876.jpg
(ブリュッセル)

かわいい形、それも平面から立体まで・・・いろいろかたどったチョコがたっくさんあって
眺めるだけでもワクワクしちゃうのだ
DSC_1138-1.JPG
(ブルージュ/出演:Kちゃん)

ショーケースに高級生チョコがずらり、試食させてくれるお店もあります
DSC_0888.jpg
(ブリュッセル)


そして、ベルギーといえばワッフル♪
街中にもワッフル屋さんがいっぱい。
DSC_0877.jpg
(ブリュッセル)


看板もあり
DSC_1127.jpg
(ブルージュ)

美味しそう♪
DSC_1126.jpg
(ブルージュ)

レストランのデザートもワッフル♪
ムール貝も地元ではよく食べられる・・・
DSC_1230.jpg
(ブルージュ)


ベルギーレースや刺繍のお店もかわいらしい!

レース
DSC_1233.jpg
(ブルージュ)

刺繍
DSC_0871.jpg
(ブリュッセル)


映り込みで見づらいけど、たぶんおもちゃ屋さん・・・
DSC_1128.jpg
(ブルージュ)

DSC_1129.jpg
(ブルージュ)


花の街だけあって、生花がいろーんなところで売られている!

ドライブインにて
P1010716.jpg
(オランダ~ベルギー移動途中)

GSのコンビニにて
P1010780.jpg
(ベルギー~オランダ移動途中)

素敵なマダムが選んでいました
P1010781.jpg
(ベルギー・オランダ移動途中)

もちろんスーパーマーケットでも。日本に比べて安い!
P1010898.jpg
(アムステルダム)

グランプラスの真ん中で花市場♪
DSC_0859.jpg
(ブリュッセル)

車窓からしか見られなかった「シンゲルの花市場」
DSC_0253.jpg
(アムステルダム)
いろいろな花や珍しい種などを売っているらしい


チーズもいろんな種類がいっぱい売られ・・・・
DSC_1273.jpg
(ブルージュ)

スーパーマーケットにも
P1010900.jpg
(アムステルダム)


その他で気になったもの・・・・

看板犬?(笑)
DSC_0269.jpg
(アムステルダム)

牛牛牛・・・・
DSC_0313.jpg
(アムステルダム)

もういっちょ、牛!
DSC_1375.jpg
(デルフト)

海外ではあまり見かけない自動販売機
P1010896.jpg
(アムステルダム)

やる気満々のホットドッグ(笑)
P1010857.jpg
(アムステルダム)


最後に♪
ネコなディスプレイもありましたよ~~~☆

なぜか招き猫
DSC_0928.jpg
(アントワープ)

照明屋さん?表情が微妙(笑)
DSC_1008.jpg
(アントワープ)

文房具屋さん
DSC_1271.jpg
DSC_1272.jpg
(ブルージュ)

アジアン系の雑貨屋さん
P1010763.jpg
P1010764.jpg
(ブルージュ)

ウッディな家具や雑貨のお店にて
DSC_0273.jpg
(アムステルダム)

ダイヤモンド工房の看板、ゴージャスなニャンコ☆
DSC_0438.jpg


こ~んなお店がたくさんあるんだもの、街ぶらするだけで楽しいわけだっ♪
特にアムステルダムは、あまり時間が取れず、もっと細い路地に行けばかわいいお店があったはず・・・
いつか、アムステルダムだけの滞在で訪れたいなと思っているぷちなのでした(^-^)





nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ 春紀行⑪【番外編 動物】 [ベルギー・オランダ]

番外編は忘れた頃にやってくる・・・・・・


さて、だいぶ時間が経ってしまい今さらですが、ベルギー・オランダ旅行の番外編!
今回は「動物編」です♪


今回の旅行中、残念ながら1匹のニャンコにも会うことができませんでした。
野良猫が1匹もいない・・・・・。
これまで20ヶ国以上もの国々を旅してきましたが、こんなことは初めてでした。。。。


というわけで、ワンちゃん特集~♪


DSC_0836.jpg

DSC_0873.jpg

DSC_0896.jpg

DSC_0913.jpg

DSC_0942.jpg

DSC_0997.jpg

DSC_0999.jpg

DSC_1002.jpg

DSC_1003.jpg

DSC_1083.jpg

DSC_1096.jpg

DSC_1099.jpg

DSC_1199.jpg

DSC_1226.jpg

DSC_1260.jpg

DSC_1403.jpg

DSC_0314.jpg



街にはワンコ連れの人がたっくさんいました。
美しい街並みの中を大好きな家族と一緒にお散歩しているワンコたちはみんな幸せそう(*´∀`)
そして、とても絵になるのです。。。

みんなとっても愛想よく、声をかけるとたいていしっぽ振って寄ってきてくれます♪
気難しいイメージだったブルテリアの子も、大喜びで駆け寄ってくれて・・・・大歓迎。
(きっと周りからは襲われてるように見えたに違いない・・・笑)
かわいかったなぁ。。。


ビアデッド・コリーも、3ボビー(←旅行中こんな単位で数えてましたw)見かけたのに
ちょうど写真が撮れず(T▽T)エーン 残念無念・・・・。
やっぱりビアデッドはヨーロッパの街並みによく似合うわ~(ちなみに原産国はイギリスです)



以上、ワンコ編でした♪



nice!(10)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ベルギー・オランダ春紀行⑩【3/26~27 アムステルダム→帰国】 [ベルギー・オランダ]

ホテルの部屋から朝の景色を眺める。


目の前は広い畑と牧場。その向こうに街。
DSC_0354.jpg

ちなみに、夜景はこんな風に見えた
DSC_0350.jpg


観光最終日。
アムステルダムの街中へ出て、中央駅へ。


駅舎
DSC_0362.jpg


おぉ?って思った人もいるはず!
そう、このアムステルダム中央駅は東京駅のモデルになってると言われる。
レンガ造りで、形もよく似ているの。

DSC_0364.jpg


駅前に船乗り場があり、運河巡りへ出発。


中央駅は湾との境(人工島)にあり裏手はフェリー乗り場になっている
DSC_0375.jpg

運河から眺める街は、また違って見える
DSC_0391.jpg

DSC_0393.jpg

DSC_0411.jpg


ゴッホが描いたことで有名な「マヘレの跳ね橋」
DSC_0399.jpg


運河には無数の橋が架かり、橋を覗き込むとまた橋が・・・・
DSC_0406.jpg
ここは7つの橋がいっぺんに見られるスポット☆



運河めぐりを終えて、ダイヤモンド工房へ。
うわ~ぉ、ほしぃーっ( ̄¬ ̄)ジュル
DSC_0423.jpg

職人さんの作業を食い入るように見る(笑)
DSC_0427.jpg

キラキラきれいな高級ジュエリーがたくさんあったけど
もうすでに飽きるほどたくさん持っているので買わず( ̄∀ ̄*) ←見栄っ張り


これにて観光終了。
運河に緑に美しい橋と建物♪アムステルダムは本当に美しい街なの~~
今度はアムステルダム滞在でのんびり街めぐりをしたいな。
また1つお気に入りの街が増えました(^-^)


最後の最後に、街のスーパーマーケットに立ち寄りました。
現地の方が普通に日々のお買い物しているスーパーマーケット。

お花がたくさん売られていたり
P1010898.jpg

特に充実していたのは「チーズ売り場」
P1010900.jpg

係のおねえさんがグラム売りの対応やアドバイスをしてくれます
P1010899.jpg

最後の最後に買い物に走りました~~
海外のスーパーって本当に盛り上がる(笑)



お店前の広場。自転車がたくさん
P1010902.jpg


この後、アムステルダムからの直行便で成田まで。


雨の中の出発となりました
P1010908.jpg

KLMの王冠マークが好き
P1010909.jpg

機内食は2回
P1010911.jpgP1010918.jpg

途中、キレイな夕焼けも見えました・・・
P1010916.jpg
P1010917.jpg


帰りは1人1モニターだったので、ゲームに燃え・・・
その後いつの間にか眠ってしまい、、、、おかげでとっても近かった~(^-^)



10回に分けてお送りした「ベルギー・オランダ旅行」
旅の行程はすべて終わりです~。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。



この後、、、番外編へ・・・・・つづく?(笑) 



nice!(11)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ春紀行⑨【3/25 アムステルダム】 [ベルギー・オランダ]

アムステルダム観光は、まず王立美術館へ。

DSC_0224.jpg

レンブラントの『夜警』や、フェルメールの『牛乳を注ぐ女』『手紙を読む女』など・・・
絵画ツウではないぷちでも知ってるような有名な作品をたくさん鑑賞。



そして、さらに歩いて5分ほどのところにあるゴッホ美術館へ。

DSC_0236.jpg

ゴッホ、ゴッホ、ゴッホ・・・・・・・・・ぜ~んぶゴッホ。
(一部、当時交流のあった画家の作品もあり)
『ひまわり』なんかもみることができ、大感激☆
館内の写真を撮れないので、ハガキをたくさん購入してきました。。。。

ゴッホ美術館のテラスより、アムステルダムの街とどんよりな雲
DSC_0238.jpg


その後、トラム(路面電車)に乗ってみる。
DSC_0260.jpg

アムステルダム市民にまざって、すっかりオランダ人気分♪
DSC_0244.jpg


トラムで向かった場所は・・・・アンネ・フランクの隠れ家
DSC_0302.jpg

アンネ・フランクとその家族が、ユダヤ人迫害から逃れるために
2年1ヶ月もの間潜伏生活をしていた場所。
道路から見える表面は倉庫にしか見えないが、その裏に隠し部屋があり8人が暮らしていた。
かの有名な『アンネの日記』はこの場所で書かれた。


匿名の密告により、家族は全員逮捕され強制収容所へ送られてしまうが
唯一生き残った父親によって『アンネの日記』は製本化され、
この隠れ家も博物館として一般に公開されている。
(現在では55言語に翻訳され、出版部数は2500万部を越えているらしい)


入り口
DSC_0296.jpg

すぐ近くにあるアンネの銅像
DSC_0281.jpg


実際に隠れ家の様子を目にして、あまりにもリアルにその生活を想像することができ・・・
言葉では言い表せない気持ちになりました。
学生の頃読んだ(といっても、おそらく読破していない・・・汗)『アンネの日記』
読まなくちゃ、と思いました。。。。



アムステルダムの街を歩いてみる。
DSC_0318.jpg

DSC_0303.jpg

DSC_0276.jpg


DSC_0263.jpg

DSC_0294.jpg

DSC_0320.jpg


ダム広場まで。 王宮と戦没者慰霊塔
DSC_0321.jpg

DSC_0325.jpg


そしてこのアムステルダムは網目状に運河が広がっており、、、、運河と橋と街並は素晴らしい景観☆

DSC_0304.jpg


DSC_0267.jpg



写真ではなかなかこの美しさが表現しきれなくて・・・・(もっとすごく素敵なのー!)
アムステルダムは大好きな街の1つになりました(*´∀`)


街中のレストランでディナー☆
DSC_0327.jpg


骨董品?が飾られた、素敵なレストランでした♪
DSC_0342.jpg



翌日は運河クルーズをして、運河からの街を楽しむぞ~~
⑩へつづく・・・・・・・・


nice!(13)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ 春紀行⑧【3/25 キューケンホフ公園】 [ベルギー・オランダ]

アムステルダムから車で40分ほど郊外に行ったところにある「キューケンホフ公園」
チューリップが有名で、そのシーズンに合わせて3月末から5月半ばまでだけ開園する。


DSC_0036.jpg


私たちが訪れたのは3月25日。
まだオープンして間もない時で、チューリップの満開~にはちょっと早いかなな時期。
それでも園内はキレイに整備されてて、とっても素敵な公園でした♪


DSC_0038.jpg

DSC_0040.jpg

DSC_0046.jpg

DSC_0050.jpg

DSC_0058.jpg

DSC_0062.jpg

DSC_0070.jpg

DSC_0076.jpg


ミニ牧場もあり。
DSC_0082.jpg

DSC_0089.jpg

DSC_0090.jpg


公園の真ん中にどーんと温室があって、
その中ではこの時期でもたっくさんのチューリップたちが咲いていました。
珍しいものもそうでないものも、どどーんと載せちゃいます♪

DSC_0043.jpgDSC_0061.jpgDSC_0055.jpgDSC_0177.jpgDSC_0110.jpgDSC_0111.jpg DSC_0067.jpgDSC_0129.jpgDSC_0120.jpgDSC_0105.jpgDSC_0114.jpgDSC_0135.jpgDSC_0145.jpg DSC_0133.jpgDSC_0116.jpgDSC_0186.jpgDSC_0139.jpgDSC_0175.jpgDSC_0131.jpgDSC_0168.jpgDSC_0149.jpgDSC_0200.jpgDSC_0162.jpg


これ、ぜ~んぶチューリップ♪
1日に何種類のチューリップを見たんだろう。。。
とにかく、すごい!の一言でした(^-^)


温室はこんな感じ
DSC_0127.jpg


チューリップのほかにも・・・
DSC_0195.jpgDSC_0170.jpg
                DSC_0197.jpg
          DSC_0223.jpgDSC_0207.jpg

いろいろなお花を見ることができました。
(雨が降ってきてしまい写真は撮れなかったけれど、日本庭園もあった)



チューリップの満開に合わせて、本当は4月に旅行するつもりが仕事の都合で3月になってしまい・・・
残念に思っていたけれど、いろんな種類のチューリップを見れて満足できました(^-^)
ピーク時には公園周りの畑にもチューリップが咲き乱れそれはもう美しい光景になるらしいけれど、
球根採取用のためすぐにお花は切り落とされてしまうそう。
全部満開、の時期を狙うのはかなり難しいらしい。。。。


チューリップ、やっぱり大好き(*´∀`)
DSC_0184.jpg




この後、アムステルダム市街地へ。
⑨につづく・・・・・・



nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ春紀行⑦【3/24 デルフト・ハーグ】 [ベルギー・オランダ]

キンデルダイクで「The オランダ」の景色を楽しんだ後は、デルフトに向かう。
デルフトは「デルフト焼」で有名な町。
工房を訪ねてみる。


DSC_1344.jpg


デルフトブルーと言われる、この青がとってもキレイ。
工房内で色付けをしています。
DSC_1358.jpg


その作業をしているおねぇさんがこれまたとっても美しい(笑)
DSC_1357.jpg


デルフト焼で作られた絵(レンブラント作『夜警』)
DSC_1362.jpg


オランダのユトレヒトという町はミッフィー出生の地。
それにちなんで、ミッフィーの焼き物もたくさん♪
DSC_1378.jpgDSC_1380.jpg


お土産屋さんにはネコちゃんも並んでましたが・・・・
DSC_1381.jpg


このデルフト焼、びっくりするほど高級品\(◎o◎)/
購入には至りませんでした。。。。


ちなみに、この工房のトイレが素敵☆
DSC_1382.jpg
(デルフト焼はブルーが有名だけど、こういうカラフルなものもある)


便器だってデルフト焼(笑)
DSC_1384.jpg


中庭も美しく・・・とってもいい感じの工房でした。
DSC_1349.jpg


次に、ハーグに向けて移動。
途中、北海に面したレストランで食事。
北海の海は強風で荒れ模様(笑) 
DSC_1390.jpg

こんなに晴天ですが、この数分前までは斜め降りの大雨。
この地方は1日のうちに、めまぐるしく天気が変わり・・・・
青空と思ったら、どこからともなくどんより雲・・・雨、でもまた青空・・・・・
なんて感じで短時間でどんどん天気が変わるのだ。
(よって、青空でも傘携帯は必須)

ハーグでの主な目的は美術鑑賞。
リッテルザールのある中庭を抜けていくと・・・
DSC_1410.jpgDSC_1413.jpg


マウリッツハイス美術館
DSC_1418.jpg


小さい美術館ながら、フェルメールやレンブラントの作品を収蔵している。


特に・・・・かの有名なフェルメールの『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』は
思わずため息が出るほど美しかった(*´∀`)
(この絵をモチーフに小説や映画が作られたのも頷ける・・・)


美術館の裏手
DSC_1424.jpg
向こう側に見えているのは国会議事堂。
(ハーグはオランダ第3の年で、政治の中心地といえる町)


ハーグもまたとっても美しい街でした。。。
DSC_1445.jpg
DSC_1426.jpg



平和宮前で撮影
DSC_1432.jpg
この平和宮の中には、国際連合の「国際司法裁判所」が設置されている。



平和宮前の花壇に、咲き始めたばかりのチューリップが愛らしく揺れていました
DSC_1443.jpg

DSC_1437.jpg


真っ赤なチューリップはやっぱりかわいいなぁ。。。
DSC_1441.jpg



この後アムステルダム近郊まで移動し、風車の見えるレストランでおディナーをいただきました。


レストランの向かいに風車  街中なのにどーんとそびえています
DSC_0003.jpg

もちろん席からも風車が見える
DSC_0013.jpg

夕飯が終わる頃にはすっかり暗くなり・・・ライトアップされた風車が素敵☆
DSC_0023.jpg

レストランもとってもいい感じでした(^-^)
DSC_0027.jpg



翌日はアムステルダム近郊にある、チューリップで有名な「キューケンホフ公園」へ。
⑧につづく・・・・・



nice!(14)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ春紀行⑥【3/24 キンデルダイク】 [ベルギー・オランダ]

DSC_1297.jpg


大好きだったベルギーに別れを告げて、オランダでまず立ち寄ったのは
風車群が残るキンデルダイク。


んーすごい!この景色を見たかった(≧∇≦)
見た瞬間に「今回の旅行の中で最高の景色になること間違いなし」と確信しました☆



青空に向かって♪
DSC_1298.jpg

DSC_1303.jpg


この風車はちょうど動いていました。
手が届きそうなくらい、近くまで行けて・・・・
DSC_1323.jpg
(出演:Kちゃん)


しかも中の見学ができた☆
DSC_1306.jpg

DSC_1317.jpg
(有料、通常は4月以降かららしいが、運がいいと3月終わりごろでも開いてる日があるらしい)



このキンデルダイクの風車群は、1740年代に造られたもの。
オランダは海面よりも低い国土が70%以上にも及び、排水のためにこの風車が欠かせなかったらしい。
現在はディーゼルポンプの設備が整い風車の力に頼ることはなくなったため、
風車は少しずつ姿を消している。(1870年頃まで1万基あったものが現在は1千基ほど)
このキンデルダイクでは19基の風車が現在もまとまって残っており
世界遺産に登録されている。


これこそ、まさにオランダの景色♪
写真だとこの素晴らしさをお伝えしきれなくて残念だ・・・・。
(せめてもっと広角のレンズで撮りたかったなぁ。。。)


DSC_1325.jpg

DSC_1333.jpg



風車のある風景、キンデルダイクは忘れられない景色となりました(*^-^*)
去りがたい気持ちを何とか抑え・・・・・⑦につづく!


nice!(17)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ春紀行⑤【3/23 ブルージュ】 [ベルギー・オランダ]

朝の気持ちのいい空気の中、「愛の湖公園」を散策してみる。

DSC_1086.jpg

DSC_1089.jpg


かつては港としてブルージュの玄関の役目をしていたこの公園、
右の建物は水門の家(16世紀)、奥にはノートルダム教会の尖塔(残念ながら工事中)が見える
DSC_1093.jpg

木々とレンガ造りの家がとても美しい
DSC_1090.jpg


ん?この白い物体はなんだ?
DSC_1120.jpg

白鳥さんでした
DSC_1122.jpg

「愛の湖公園」には白鳥がいっぱい、みんなのんびりした時間を過ごしています。
DSC_1101.jpg


次に、すぐ隣の「ペギン会修道院」へ。
DSC_1109.jpg

お花は水仙、満開でした☆
DSC_1112.jpg


このペギン会修道院は「修道院」という名前はついているものの宗教的なものではなく、
戦争で夫や息子が戦場に行ってしまった女性たちが集って共同生活をしていた場所。
フランドル地方(ベルギー北部)独特のシステムでブルージュ以外にも12箇所あり
世界遺産に登録されているらしい。



運河がはりめぐらされ、細い路地が多い街。
DSC_1133.jpg


また、「ブルージュ」とは「橋」を意味していて、運河に架かる小さな橋もたくさんある街。
DSC_1210.jpg


やはり馬車もよく似合う
DSC_1220.jpg


ベルギーはレースで有名な町。
そのレースで作った地図が、なんともかわいい。
DSC_1219.jpg


こういうなんでもない風景がたまらなく素敵な街でした。。。
そんな道を写真を撮りながら歩いて「ノートルダム教会」へ。(13~15世紀)
DSC_1144.jpg

入ると張り紙が。味のある字だ(笑)
DSC_1147.jpg


「ノートルダム」という名のついた教会などが世界にはたくさんある。
この「ノートルダム」とは「私たちの貴婦人」という意味で、聖母マリアを指している。
ノートルダム教会とは「聖母マリアに捧げる教会」といった意味合いらしい。


祭壇
DSC_1157.jpg


有名なミケランジェロの聖母子像があるんだけど、写真撮り忘れたらしい・・・・。



ブルグ広場へ。

市庁舎(15世紀)
DSC_1238.jpg

聖血礼拝堂
DSC_1240.jpg
12世紀に第2回十字軍に参加したフランドル公が持ち帰ったとされるキリストの血=聖血が収められている。


チョコレート博物館を少し見学し、試食し、元気を復活したところでマルクト広場へ向かって歩く。
街のシンボル、鐘楼が見えてきた!
DSC_1252.jpg


どーんと大きな鐘楼。(13~15世紀)
DSC_1255.jpg


47個の組鐘(カリヨン)から奏でられる音色はヨーロッパ随一といわれる
DSC_1243.jpg


確かに、本当に美しい音色で。
滞在中、何度かこの鐘の音を聞いたけれど本当にジーンとくるような音。
写真に音色まで写せたらいいのに・・・・と思わず思っちゃった(笑)


鐘楼は登ることができるらしい(ただし急な階段)けれど、
ちょうどこの日はお休みでした。
ブルージュの街並みを一望できたはずなのに・・・残念。。。


この、マルクト広場というのは「マーケット(市)が開かれる広場」という意味。
(よって、アントワープにも同じ名前の広場があったのだ)
現在は鐘楼の向かいにかわいいお店(レストランやカフェ)が並ぶ。
DSC_1256.jpg



せっかくの運河の街、運河クルーズをして水辺から街を楽しむ♪

DSC_1185.jpg

DSC_1192.jpg


かわいらしいお家発見
DSC_1203.jpg

白鳥と並んで進む
DSC_1169.jpg


小さな橋をいくつもくぐりぬけてのクルーズは本当に楽しく、
歩いた時とはまた違った景色を見ることができた(^-^)



この後、街をぶらぶらと歩く。
かわいい雑貨屋さんや小さなチョコレート屋さんに立ち寄りながら♪
写真でも撮りつつ・・・・と思ったら、びっくりするくらいの大雨が降ってきちゃって
カメラを取り出すところじゃなくなっちゃったの(-_-;)ムネン


雨宿りを兼ねてワッフルを食べる(≧∇≦)
DSC_1275.jpg


これが、美味しいんだけど甘くて。。。。
全然食べきれず。さらに夕飯まで食べられなっちゃったのでした。残念。




ベルギーはこれで終了、いよいよオランダに向かいます。
⑥へ続く・・・・




※訪問が遅れがちでごめんなさい。ちょっとスローペースになってます。
コメレスもまったくできてなくてごめんなさい ←必ずしますのでしばしお待ちを。






nice!(17)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ春紀行④【3/22 ブルージュ ナイトツアー】 [ベルギー・オランダ]

アントワープからホボーケンを経てブルージュへ向かう。


なんかかわいかったので車窓から撮った信号
P1010749.jpg
ベルギー・オランダともに、車道と歩道の間に「自転車道」があるところがほとんど。
信号も、車用・徒歩用・そしてこの自転車用に分かれている。


ブルージュ(ブルッヘともいう)旧市街は世界遺産にも登録された、
中世の面影をそのまま残す美しい町。
運河がはりめぐらされていて水の都としても知られている。


堀(かつては城壁だった)の向こうが旧市街
P1010750.jpg


到着したのは夕刻。
少し部屋で休んでから夜の街に繰り出すと、、、町全体がライトアップされていて美しい☆


まずは腹ごしらえ。レンガ造りの素敵なレストランにて
P1010756.jpg

お気づきの方もいるかもしれませんが、、、、
今回、まだ食べ物の写真がほとんど出ていません。
実は、レストランがあまりにも暗かったりして、いくつか失敗に終わっているものあり・・・。
Kちゃんの写真をいただいて、後日「グルメ編」としてまとめてアップします~~( ̄∀ ̄;)アセアセ




その後、夜のお散歩に♪


DSC_1060.jpg
DSC_1068.jpg
DSC_1069.jpg
DSC_1072.jpg
DSC_1076.jpg
DSC_1080.jpg



ボォっと照らされる建物が、運河に揺らめく光が、古い街並みの1つ1つが・・・・・
本当に美しくて圧倒されてしまいました(*´∀`)
いつまでもいつまでも見ていたい、、、けど
あまりの寒さに部屋に戻りました(^-^;)


ベルギー・オランダは日本の北海道よりも北に位置するため
非常に寒かった!
ダウンにマフラー、手袋・・・・3月末というのにそんな出で立ちで日々過ごしました。





ブルージュの昼景を楽しみにしつつ、
⑤へ続く・・・・


nice!(18)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ春紀行③【3/22 アントワープ】 [ベルギー・オランダ]

ブリュッセルを後にして、アントワープへ。


車窓から見える景色は・・・・・

古めかしい教会だったり
DSC_0899.jpg

近代的なビルだったり
DSC_0900.jpg

はたまた、お城ちっくな建物だったり
DSC_0906.jpg
(これ、なんだっけ・・・)

EU(欧州連合)本部前も通りました
DSC_0904.jpg


過去と現在の融合が感じられます。



そしてアントワープへ。

マルクト広場  ど~んと市庁舎
DSC_0921.jpg

周りにはギルドハウス
DSC_0915.jpg

馬車が普通に走ってたり
DSC_0917.jpg
(観光用かな?)


このアントワープは『フランダースの犬』の舞台として有名。
(どんなお話しか知らない人は調べてみよう~!)

ネロとパトラッシュが最後に行き着いたノートルダム寺院
DSC_0994.jpg

窓が多く、光がたくさん入る教会でした ステンドグラスも美しかった☆
DSC_0946.jpg

祭壇
DSC_0947.jpg


DSC_0992.jpg

ここにはルーベンスの傑作がある。
 (ピーテル・パウル・ルーベンス バロック期のフランドルの画家) 教会の裏手にはルーベンスの像もある DSC_1010.jpg

『キリスト昇架』 DSC_0966.jpg

『キリスト降架』 DSC_0985.jpg

これらと祭壇の『聖母被昇天』が3連作となっている。
そして、フランダースの犬でネロが最後にどうしても見たかった絵は『キリスト降架』
夜、まったく光がなく本来なら見ることができなかったはずの絵が
窓からの月明かりで見ることができたらしい・・・
DSC_0988.jpg


ちなみに、アントワープから少し離れたホーボーケンという村が
ネロとパトラッシュが住んでいた村の設定となっている。
今ではすっかり近代化されているけれど、街の片隅にはネロとパトラッシュの像がある。 DSC_1042.jpg

悲しげな表情のネロと日本の世界名作劇場のパトラッシュとは違う犬種のパトラッシュ DSC_1041.jpg
(原作ではフランドル原産のブーヴィエ・デ・フランドルという黒い毛むくじゃらの犬)


外に出るとノートルダム寺院の前はちょっと開けた広場、カフェなどもありました DSC_1006.jpg

街ブラしてみると、なかなか新しい街 DSC_1035.jpg

ベンチ?が、、、手?(笑) DSC_1016.jpg

ルーベンスが自宅兼アトリエにしていた家を訪ねてみる DSC_1030.jpg
DSC_1020.jpg

中庭より DSC_1023.jpg

ルーベンスの絵もたくさん展示されてました。

アントワープを満喫して、ブルージュへ移動。
④に続く・・・・・・


nice!(16)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ春紀行②【3/22 ブリュッセル】 [ベルギー・オランダ]

朝からブリュッセルの街へ繰り出す。
まずは、王宮へ。(ベルギーは王国です)
王様が執務をする建物らしい。
DSC_0832.jpg
夏期には内部見学もできるらしい。
お住まいの方はものっすごい厳重な警備で、柵の向こうに見えるものの近寄れない感じ(^-^;)


この王宮の向かいには、美しいブリュッセル公園。
青空に木々が美しい☆
DSC_0837.jpg


公園近くの建物に、なぜかこんなオブジェが・・・・
脳?(笑)
DSC_0838.jpg
ちなみに、期間限定だそうです。。。


グランプラスに向けて、街中を歩く。
こういうなんでもない路地が素敵☆
DSC_0847.jpg

DSC_0848.jpg


そんなこんなでグランプラスに到着。
シンボル的市庁舎(13~15世紀)
DSC_0856.jpg

その周りにギルドハウスと呼ばれる建物がぐる~っと
DSC_0857.jpg

市庁舎向かいの「王の家」(16世紀) 現在は博物館として利用されている
DSC_0860.jpg

広場の真ん中ではお花が売られていました
DSC_0859.jpg


グランプラスから路地を抜けて進んでいくと・・・・

小便小僧
DSC_0880.jpg

世界各地に「小便小僧」の噴水はあるが、起源はこのブリュッセルとのこと。
ネームのわりにあまりにも小さいこの像は、世界3大がっかりに選ばれる不名誉も(^-^;)

「それでも日々働いてます」
DSC_0878.jpg


彼はジュリアンくんという名前があり、ブリュッセルの最年長市民とされているらしい。
市民や観光客に愛されているため、こんなチョコレートも(笑)
DSC_0876.jpg
他にも、Tシャツやキーホルダーなどいろんなものがありました。


由来は諸説あるようだけど、最も有名なものを1つご紹介。
ブリュッセルを侵略者が包囲し城壁を落とそうと火薬の導火線に火をつけた時、
ブラバン公の王子(ジュリアンという名)がおしっこをかけて消し、町を救ったというもの。
こう見えても、なかなか勇気のある少年なのだ☆

この日は身につけていなかったが、実はたっくさんの衣装持ち。
500着以上もあるといわれ、イベントなどの際に着用しているらしい。


ジュリアンくんに別れを告げて、せっかくのベルギー、チョコレート屋さんをハシゴする!

ゴディバにノイハウス
DSC_0893.jpg

大好きなピエール・マルコリーニ
DSC_0889.jpg


ゴディバでこんな美味しそうなものを発見!
P1010739.jpg
生いちごチョコレートがけ


お姉さんが店先で作ってます
P1010740.jpg


グランプラスに再び戻ったら、青空が見えました(^-^)
DSC_0898.jpg



もっとゆ~っくり見れば、きっと見所満載なんであろうブリュッセル♪
街の雰囲気が大好きでした。
名残惜しい気持ちをぐっと堪え、このあと『フランダースの犬』の舞台で有名なアントワープへと移動します。


長くなるので③につづく・・・・



nice!(18)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルギー・オランダ春紀行①【3/21 アムステルダム経由ブリュッセルへ】 [ベルギー・オランダ]

ベルギー・オランダ7日間の旅に行ってきました。
美しい街あり、美術品あり、花あり、スィーツあり・・・・の盛りだくさんな旅になりました。

今回は(夫不在友だちの)Kちゃん♪
彼女とは中学の時からの大親友、でも2人であまり旅行したことないねと話していたら・・・
理解ある両方の旦那様ズが「行ってくれば~?」と言ってくれたので、この旅行が実現しました(^-^)


というわけで、3/21(土)成田発12:05 オランダ航空KL0862便にて 
オランダ アムステルダムのスキポール空港までひとっとび!
時差8時間を越えて約12時間の空の旅。


快晴だよ(≧∇≦) 
P1010684.jpg
新幹線車窓より撮影、富士山くっきり☆


安全なフライト、よろしく頼むよ
P1010695.jpg


機内食①  和っぽいメニューでした。肉じゃがだし。うどん付いてたし。味はまずまず。
P1010686.jpg

夜中のおやつ・・・・アイスかカップラーメンを選べます
P1010688.jpg

機内食②  パスタとジャガイモサラダの軽食。真ん中のチョコケーキ?がデカイ。甘い。  
P1010693.jpg


今回は窓側の席じゃなかったので、外の撮影はできず(>_<)
Kちゃんとガイドブック見て盛り上がったり、寝たり、映画観たり・・・・して過ごす。
(3人席の窓側におそらく蘭人?なおじさまが座っていたが、
1回もおトイレに行かなかったのが心配でしかたなかった・・・・笑)


初めてのオランダ航空の旅でした  機体の青色が素敵☆お疲れ様♪
P1010694.jpg


スキポール空港にて アムステルダムが私を歓迎してるわ♪♪
P1010696.jpg



オランダ観光は旅の後半の楽しみにして・・・ここからベルギーに向けてバスの旅。
空港から30分も離れると、羊がいちゃったりするのどかな風景が広がります。
P1010709.jpg


あ、風車だ! うわぁ~オランダだ~と盛り上がる(笑)
P1010713.jpg


途中のドライブインで休憩。
ここも牧場?の真ん中、、、なかなか微妙なニオイも漂っているけど(汗)
それにも負けず、カフェタイム♪
P1010718.jpg


しだいに日が暮れてきた。
たっくさんの飛行機雲が交差してて、ぶつかっちゃうんじゃないかと一人ヒヤヒヤ(笑)
DSC_0827.jpg



このままブリュッセルまで走り、19:30頃ホテルに到着。
・・・したのはいいけど、ここで思わぬハプニングが!

渡されたカードキーで部屋に入ろうとしたところカギが開かず、
フロントで確認をしてもらい、無事入室できた・・・・と思ったら、、、、
明らかに誰かが泊まってる気配!
人こそ見当たらないものの、ベッドの上の荷物、脱ぎ捨てたジャージ、使ったタオルetc・・・(゚ロ゚ノ)ノ
こ、こわぁ。。。(人がいなくてよかった!)
再度フロントに確認してもらったところ、どうもブッキングしてるらしく
「もうツインの部屋はない」とのこと(-_-;)
結局、ダブルの部屋で1夜を共にすることになった私たちなのでした♡ウフフ




<読んでくださる皆さんへ>
本日より、少しずつベルギー・オランダ旅行記をUPしていきます。
質問や感想を書いていただくためにコメント欄は開けておきますが
長々と続く旅行記ですので、どうぞ遠慮なくコメントはスルーしてくださいね。


nice!(15)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

帰ってきました! [ベルギー・オランダ]

ぷち、27日に無事帰国しました。
今回の旅行は、ベルギー&オランダでした♪


チューリップ.jpg


ちなみに、前回の「Tot ziens!(とっとついんす)」は
オランダ語で「またね!」といった意味です・・・。



まだまだ疲れが残ってますが(年々、回復に時間がかかる気がする・・・汗)
少しずつ旅行記をUPしていきたいと思います。
とりあえず「ただいま~」のご挨拶でした(^-^)


<お留守番のセナくんとボビーさんは>

セナくん、夫に散々わがままを言っていたらしい(^-^;)
夫にご飯を食べる時間も与えないほど、にゃーにゃーと文句を言っていたようです。
そのくせ、夫とは一緒に寝ないで、1Fでひとりぽつんと寝ていたらしい。
帰ってきたらすぐにごろんして思いっきり甘えて、ママストーカーに早戻り。
寝るのもママと一緒、ずっとベッタリしています♪

ボビーさんはいつもよりおとなしく、
あまり「ジャーキーくれー」と夫を呼びつけなかったらしい。
さすが、空気が読める男だ(笑)
帰ってきたぷちにいつもより愛想よく、にこにこと迎えてくれました(^-^)


夫さん、家事に子守にお疲れ様でした!いつもありがとう♪


nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

とっとつぃんす [ベルギー・オランダ]

「んー、今思い返しても、壮絶な冒険だった・・・」
P1010637-1.jpg


セナくん先日の大冒険を思い出しています(-_-メ)


「ボク、こんなふうに小さくなってたんだよ」
P1010638-1.jpg


いいえ、もっともっと小さくなってましたけど(-_-;)



あの日以来、ママっ子症状がひどくなっているセナくん。
やっぱりママのそばが1番いいと思ったのかな(^-^;)





<初体験>

ずーっと行ってみたかったネイルサロンに行き、こんなにキレイにしてもらいました☆
P1010672-1.jpg


名前にちなんで「ぷっち柄」選んでみました♡
うわ~お姫様みたい(*´∀`) ←ツメだけだけど・・・
指先が目に入るたびにウキウキ、笑顔になっちゃいます(^-^)



<お知らせ>

お姫様ぷち(←すっかりその気)は、実は明日からちょいと長旅に出ます♪
ママっ子セナくん、大丈夫かしら。。。(=セナっ子ぷちも大丈夫かしら・・・涙)
パパとおんちゃん(=ボビー)と仲良くいい子でお留守番してね。



旅先は帰ってからのお楽しみ♪
では、、、、、、、Tot ziens!      ←恒例の?なにげにヒント(笑)
         (とっとつぃんす)



nice!(14)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
ベルギー・オランダ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。