So-net無料ブログ作成
検索選択

鏡開き [セナ&アン]

2012年が始まり、気がつけばもう10日!
・・・遅ればせながら、皆様、本年もよろしくお願いします。


さて、本日は鏡開き。
我が家もの鏡餅は・・・・と。

DSC_0280-1.JPG

おぉ~なんだか豪華☆
そして美味しそう(笑)
今年のぷち家は無病息災で過ごせそうです♪


<メイキング>

年賀状用に、あーたんは生まれて初めての被り物に挑戦。
どんだけ暴れるだろうと恐れてましたが、意外とまんざらでもない様子(笑)


あたち、かわいいでちか?
DSC_0228.jpg

かーたんにわらわれた・・・
DSC_0279.jpg

おやちゅくれるからがんばる
DSC_0288.jpg

もうあきたでちっ!
DSC_0271.jpg


あーたん、よく頑張ったね。えらいぞ~。
それに比べて、、、頑張れなかった人が約1名( ̄∀ ̄;)


がっくり・・・
DSC_0241.jpg

イヤだ・・・
DSC_0238.jpg

ヤダヤダヤダヤダッ!
DSC_0251.jpg


セナくん、今回は1枚もまともな写真が撮れず(汗)
この役目は妹に譲りたいそうだ(苦笑)


何はともあれ、ぷち家は今年も平和に穏やかに新年を迎えることができました。
この幸せに感謝しつつ、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。



<あーたんメモ>

あーたん、生後約6ヶ月を迎えました!
DSC_0317.jpg
こんなおすましレディになりましたよ~(*´∀`)

最近はもうお留守番もケージに入らなくなり、気ままな猫ライフを満喫しているアン。
セナくんとは時々ケンカもするけど・・・
あーたんも前ほどイノシシのようにセナに突っ込んでいくこともなくなり、少し接し方が分かってきた様子。
セナも一時ほどイラつくこともなくなり、渋々ながらも受け入れてくれている様子。
それぞれの譲れる所・譲れない所が明確になり、私も接し方や優先事項が分かってきたので
できるだけモメないよう対応できるようになってきました(^-^)

そして!年末から、夜はみんなであまあまねんねしてます♪
左から・・・セナ/ぷち/あーたん 増設したBEDに夫さん と並んでねんね。
セナは従来どおり私の左脇にべったりくっついて、あーたんは私の右脇のお布団にもぐってます。
(右腕を腕枕に、時々パジャマをちゅうちゅう吸いながら寝てますw)
あーたんは最初「みんなでねんね」ということが分からなかったようで
いつもと違う雰囲気にワクワクしたのか、1Fからおもちゃを持ってきてBED上で一人運動会(爆)
最初はどうなることかと思いました(^-^;)
今ではみんなの定位置が決まりすんなり寝れるようになったのですが、
左右にがっちりガードされて、まったく身動きが取れなくなったぷちなのでした( ̄∀ ̄*)




nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

半年を向かえ・・・ [アン]

生後半年を迎えた我が家の姫、あーたん。
DSC_0318.jpg


偏食も噛み癖もすっかり治り、真っ直ぐすくすくと成長中(^-^)
大らかで、素直で、愛嬌があり(←親ばか)、おまけに愛想もいい。
・・・ややこしいS坊ちゃんと大違い。ここは小声で(笑)


さて。半年を迎えたあーたん、体もすっかり大きくなり3kg超え。
主治医と相談の上、この週末に「避妊手術」を受けて来ました!



久しぶりのドライブ。不安そう。
o0434072011746546119.jpg
BOXの中でじーっと。時々呼ぶ。撫でてあげる。


手術前の計量で、3.35kg\(◎o◎)/
・・・ぐんぐん大きくなりすぎ(汗)
最近、パッと見の大きさがセナとあまり変わらないのもうなずける・・・。

先生によーくお願いして、あーたんは1泊入院。
それはもう、心配で心配で(;_;)
あーたんのいない家も、なんだか静かでヘンな感じ。
翌日、お迎えに行きました。

手術は無事終わってひと安心。
お楽しみだった再会は特に大喜びというわけでもなく(期待してたのに)。
先生に入院中の様子を聞くと・・・
「1日目は少し怯えた様子で座り込んでいた」
「2日目は名前を呼ぶとお返事して出てきてくれて、すりよって甘えた」
・・・さすが、あーたん。2日目にはもう状況に慣れるらしい(笑)

お腹の毛は刈られちゃったけど、傷はさほど大きくなく。
縫合も「埋没縫合」してくださったので、抜糸なし、カラーもなし。
退院当日から通常の生活をして大丈夫ですよ、とのこと。
退院後の抗生物質?投薬の心配してたのだが(あーたん、投薬経験なしなので)
退院時に注射することで、投薬同じ期間、同じ効果を得られるという方法があって。
こちらもお願いした。(料金は2000円ほど高め)
とにかく、退院後にあーたんがストレスなく過ごせることがイチバン☆



帰りの車。
o0434072011749041597.jpg
車も慣れたのか、前日より寛いでた。
BOXから出てきて抱っこしてたし(笑)


帰宅後、ちょっと咳が出るので心配したが(気管挿管したため)、時間とともに落ち着き。
疲れたのか、ぐっすり寝てました。
o0434072011750913498.jpg
ご飯も、通常より少なめではあったけどちゃんと食べて。
夜はまた、みんなで仲良くねんね。
今朝はもう元気にぴょんぴょんしてました(^-^)


1週間後に傷の状態を見せに病院へ行き、問題がなければ終了です。
あとは、、、お腹の毛が早く生えてくるといいね♪ 寒そうだから(笑)



<その頃セナくんは・・・>

一晩あーたんがいなくて、ママ独占を満喫したセナくん(笑)
あーたんが帰ってきてからも・・・

ママの膝で、ママ独占を主張中!
o0434072011749098833.jpg
あーたん、かわいそうじゃん?と言っても聞き入れず(笑)
・・・ちっちゃいオトコだ。ここも小声で(苦笑) それがまたたまらなくかわいいんだけどね☆




nice!(13)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ケニア・タンザニア サファリな旅⑱【旅行後記】 [東部アフリカ]

海外旅行に行き慣れている人でも
「アフリカ旅行には何を持って行ったらいいのか?」と心配になる人も多いはず。
また、どういった旅行になるのかイメージできない人も多いかも。
以前行った方の情報を参考にして、また実際に行ってみて、
必要と思った物・あると便利なものなどを挙げてみます。


DSC_0572.jpg


◆服装
とにかく、カジュアルなものさえあれば困ることなし。
おディナーに出かけるとかいう特別なことがなければ、ロッジ内でお洒落着は必要ない。
私が行ったのは1月下旬ですが、昼間は思いのほか暑かった!
乾燥しているので、日本のジメジメした暑さとは違って心地いいのですが
昼間は長袖Tシャツ1枚でOKかな。
結構陽射しが強いので、半袖半ズボンはオススメしないかも。
ただし、朝晩は気温も下がり、特に早朝サファリなどはちょっと寒かったりするので
ウィンドブレーカーやフリースなどを重ね着できるように準備しておくとよい。
靴はスニーカーがBEST。

付け加えておくと、服は恐ろしく汚れます(汗)
舗装されていない道をサファリカーは窓や屋根を開けて走るので、土ぼこりがハンパない。
洗ってびっくり、、、茶色の水が出ました\(◎o◎)/
よって、本当にカジュアルな・・・汚れても気にならない服がよいかと。


◆持ち物
アフリカ旅行にはこれを持って行くべし!という、ものを少し挙げてみる。

①虫対策グッズ
これは必須!
部屋でも小さな虫が飛んでいたし、サファリツアー中も虫の大群に遭遇した。

<部屋用>
8畳用とかの、置くだけタイプのものを持参。
電池式だとプラグや電圧の心配も要らないし、どこにでも置けるのでよい。
どこで~1.JPG

<人体用>
スプレータイプからシートタイプ、BAGに張るタイプなど・・・各種持参。
虫嫌いなのでというのもあるが、刺されると怖い虫もいるので念入りにした(笑)
また、刺された場合を想定して、虫刺されの塗り薬も持って行った。
(冬に旅行を考えている方は量販店での入手が困難になるので注意!)


②日焼け対策
陽射しが結構強い。
帽子やアームカバー、サングラスなどがあるとよい。
日焼け止めクリームも必要。


③サンダル
海外旅行に行く時に、部屋用のスリッパを持っていく方は多いと思うけれど
サファリ用のロッジの場合、食事をする場所が別棟で結構外を歩いたりするので
楽に履けるサンダル(できれば靴下を履いたまま履けるもの)的なものがあると便利。
私はクロックスを持って行って重宝した。
41cYxAPDnpL__AA115_.jpg


④懐中電灯
ロッジによっては電気の使用制限があるため、電気が止められてしまうと真っ暗になる。
それも、屋内も、外灯も、何もかも落ちるので、想像以上に「本当に真っ暗闇」になる。
深夜のおトイレや、また万が一の備えに、枕元に懐中電灯を置いておくことをオススメしたい。
最近ではミニサイズでも明るい懐中電灯が売られているので、
そういうモノを選べば差ほど荷物にならない。


⑤ジッパー付ビニール袋
サファリカーで走ると、舗装されていない道路から小さな砂が舞い上がる。
そのため、カメラの内部に砂が入り込んでしまう。
撮影する時はいたしかたないが、撮影していない時には少しでも守るために
ジッパー付のビニール袋に入れて保護していた。
BAGの中までジャリジャリになるので、BAGの中にしまっておく場合もビニールに入れておくほうがよい。
私は、コンデジ用と一眼用の大きさのジッパー袋を持参した。
・・・結論から言うと、一眼の方は無事保護できたが、
コンデジは車窓からの景色や動画をかなり撮影したため、やはり汚れが入り込んでしまった。

カメラ以外にも、とにかく汚したくないものはジッパー袋に何でも入れておくとよい。
大小様々な袋を用意しておくと、何かと便利。

ちなみに、サファリカーに持ち込む荷物も座席下などに置く時にかなり砂まみれになるため
大きなビニール袋(スーパーの)にBAGごと入れて置いていた。
これで、BAGの汚れも多少防げるし、中身も汚れにくくなった。


⑥トイレットペーパー
さすがにトイレ事情はあまりよろしくない、ケニア・タンザニア。
途中で立ち寄るお土産屋さんなどのトイレも、水洗じゃない場合も多く
紙の備え付けはないところが多い。
私たちはあらかじめトイレットペーパーを数回分ずつ切ってジッパー袋に入れて
その日1日分だけBAGに入れて持ち歩いていた。
私たちは誰も体調を崩すことがなかったのでよかったけれど、
お腹を壊したりするとなかなか大変かも・・・。ペーパーは必須。

また、トイレ後に手を洗える場所がないことも多々。
ウェットティッシュなども多めに持参したほうがよい。



◆お金について

ケニア・タンザニアではトラベラーズチェックは使えないと思った方がよい。
カードは使える店もないわけではないが、トラブルやスキミング被害の情報もあるので
あまりオススメできない。
(空港では問題なくしようできた)

というわけで、現金で用意するのが1番よいと思う。
円からは換金ができないので、アメリカドル($)で用意していく。
たいていの場所でアメリカドルが使用できる。
空港はもちろん、ホテル内や枕銭、立ち寄ったお土産屋さんやトイレのチップでも。
サファリツアーのチップやマサイ村見学のOPツアーの支払もアメリカドルでOKだった。
地元のスーパーマーケットは現地のお金(ケニアシリング/タンザニアシリング)しか使えないので注意。
ケニア、タンザニアのお金も、それぞれの国でしか使えない。
また、現地のお金は現地で使い切らないと、日本で再換金不可。

何かと細かく払いたいことが多い(チップ系など)し、
大きなお金だと釣銭が現地のお金できてしまうことも多いため、1$札や5$札をたくさん持って行った。


お金の整理に役立ったのが、こちらのポーチ。
レスポートサックの3ZIP。
pc_sCAURMFA9.jpg
3箇所に分けて入れられるので、現地通貨やドル、小銭など、整理しやすい。
これはアフリカに限らず、海外旅行の必須アイテムになりそう!


◆カメラ・レンズについて

サファリツアーに出かけるにあたって、どんなカメラがいいか、どのくらいの望遠が必要か、
これはかなり悩んだ。
情報も少なく、想像もできないし・・・。

サファリツアー中は、前述のとおり砂がすごいのでレンズ交換はできないと思った方がよい。
なので、できれば2台、広角用と望遠用があるのが理想的だが、現実的には1台+コンデジでなんとかしたい。

私は、タムロンの28-300mmを持って行った。
数少ない情報の中には「動物の近くに寄れるので、さほど望遠はいらない」とか
「あまり大きな望遠があっても、三脚に固定できるわけじゃないのでブレる?」とか
そんな言葉があったので充分だろうと思ったのだけど・・・・

行ってみた私の感想としては・・・もっと大きな望遠を持って行けばよかった!

確かに、、、思いのほか、近い動物もいたのだが、
近い動物は、ぶっちゃけコンデジでもキレイに撮れる。
問題は、遠くで寛ぐ動物をいかに撮れるか、だと思う。
動物観察中はサファリカーも止まっているし、三脚を立てられなくても車の屋根なんかを利用して
できるだけ固定して撮影できるので、望遠域でもブレずに撮れたんじゃないかと思う。
別に写真を撮りに行ってるわけじゃないので、ほどほどでよいと思ってはいても
実際にはどうしても写真に収めたくなる・・・。

これはいろいろな考え方があるので一概には言えないが、
私にもし次回があるとすれば、私は必ずもっと望遠のレンズを持って行く!と心に決めている。



ケニア・タンザニア旅行記はこれでおしまい。
1つだけ言えるのは、本当に行ってよかったってこと。
アフリカの空、大地、人々、動物たち・・・・私にとって、なにもかもが忘れがたく
そしてまたいつか「帰りたい」そう思わせてくれる場所なのだ。

DSC_0853.jpg
その時まで、この自然が守られますように(願)


長々とお付き合い、ありがとうございました。







nice!(12)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。