So-net無料ブログ作成

ケニア・タンザニア サファリな旅④【ンゴロンゴロ-2】 [東部アフリカ]

ンゴロンゴロの朝。
DSC_0183.jpg

クレーターの縁に建つロッジで迎えた朝の景色は素晴らしかった(*´∀`)
DSC_0196.jpg


余談ですが。
ンゴロンゴロとはマサイ族の言葉で「大きな穴」という意味だそうだ。
ん。確かに大きな穴だ(笑)


朝からランチBOXを持って1日サファリに出かけます♪
シマウマさんとヌーさんにご挨拶しながら(←いっぱいい過ぎて写真省略)
この日私たちを迎えてくれたのは・・・・・

DSC_0226.jpg
カバさん。
池(湧き水溜まり)でごろごろと、体を潤してました(^-^)


続いて、ブチハイエナ
DSC_0228.jpg
物思いに耽ってる?(笑)


本当にいいお天気♪
DSC_0232.jpg
どうしてもお尻を撮らずにいられないちょっと変態なぷち( ̄∀ ̄*)


この日も、たっくさんのアニマルズに出会えました(^-^)
まずはサファリならではの光景・・・
お食事中のブチハイエナ
DSC_0265.jpg

家族のためにお持ち帰り
DSC_0274.jpg
初めて見た食事風景に最初はギョっとし、目を背けたくなったりもしたけれど。
これがこの自然界の日常。現実。
「生きる」ということを目の当たりにしたような気がしました・・・。


ハゲタカとハゲワシ・・・だったと思う(汗)
DSC_0290.jpg
食事が終わるのを待っておこぼれを狙っている輩


少し走ると、チーター発見☆
DSC_0295.jpg
ちと遠いけど・・・
実はチーターさんもお食事後の休憩タイム
ほっぺ周りが赤く染まってました。


ものっすごーく出会いたかった大きなネコさんに感動
DSC_0312.jpg

DSC_0318.jpg


もうちょっと近くで撮れないかと、画質を落としてズームイン
P1040878.jpg
たいして近くなってないか(涙)
むこうに見えるのは、たぶんヌーの骨。
サバンナには、こんな骨も時々落ちている。


クロサイ
DSC_0375.jpg
遠すぎ(涙)
それでも、出会えただけラッキーのクロサイ。
絶滅危惧種でタンザニアでも、このンゴロンゴロにしか生息しない。
しかも、この広い中に10数頭だけ。出会えたことに感謝。


ライオンにも会えたのだけど・・・
DSC_0329.jpg
どんだけ遠いねん・・・(号泣)
かろうじてライオンとはわかるけど。
(皆さん、温かな心の目で見てくださいw)


ライラックニシブッポウソウ
DSC_0344.jpg
美しい鳥だ~(///∇///)


なんか、鳥たち(笑)
DSC_0354.jpg
DSC_0357.jpg


バッファロー
DSC_0340.jpg
よく見ると垂れ目(笑)


ヌー
DSC_0333.jpg
いつもいつも列をなして歩いている


シマウマ
DSC_0434.jpg
親子。子どもはシマシマが茶色っぽいのだ。


もいっちょシマウマ
DSC_0121.jpg
通せんぼ(笑)
サファリカー慣れしてて、エンジン音くらいではどいてくれない。

さらに、シマウマ
DSC_0125.jpg
シマウマも行進が得意♪


カバ
DSC_0401.jpg
DSC_0351.jpg
↑ これじゃよくわからんね(笑)


ダチョウ
DSC_0388.jpg
この黒いのはオス。
メスは茶色に近いグレー、柔らかな色。


ホロホロ鳥
DSC_0364.jpg
ドット模様が素敵☆


ゴールデンジャッカル
DSC_0413.jpg
DSC_0420.jpg
こちらもちょっと遠いな・・・
キツネみたいでと~ってもかわいかった(^-^)


トムソンガゼル
DSC_0430.jpg
やっぱり愛らしい❤


ゾウ
DSC_0444.jpg
平原から離れたブッシュエリアにいた


ベルベット
DSC_0463.jpg
この子たちも木があるエリアに生息



クレーター内は、自然を守るために入退場時間の設定や滞在時間の制限をしている。
(確か、朝は8時から、夕は17時まで、滞在時間は6時間以内) ←ちょっと曖昧
制限時間を充分満喫し、帰路に着いた。


⑤につづく・・・・・



<こぼれ話>
ンゴロンゴロ自然保護地区は、このクレーターを含む8,288㎢の地域。
国立公園ではないので、人間(マサイ族)も居住している。 ←クレーター外
家畜を連れて遊牧している姿もよく見かける。
「肉食獣とマサイ族が出会ってしまって危険ではないのか?」と聞いてみたところ
マサイ族は肉食獣よりも強いらしい。
(マサイは勇敢で有名)
むしろ肉食獣のほうがマサイ族を恐れていて、マサイ族の持つ特有のニオイ嗅ぎわけ、
遭遇しないように避けているとのこと。
他所の地域の肉食獣にそのニオイを嗅がせても何の反応もないらしく、
ンゴロンゴロ地域に住む動物たちだけにその能力が備わっているんだそうだ。
・・・動物の能力ってすごい\(◎o◎)/




nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ケニア・タンザニア サファリな旅⑤【セレンゲティへ移動】 [東部アフリカ]

ンゴロンゴロ2日目の朝。
DSC_0477.jpg


素晴らしい朝の景色に見送られクレーターに別れを告げ、
この日はンゴロンゴロからセレンゲティに向かう。
マサイ族の集落横を通る。
DSC_0494.jpg
左隅の建物が学校らしい。

朝から家畜のお世話
DSC_0486.jpg


しばらく走ると・・・
DSC_0497.jpg
アカシアの木がたくさんあるキリン居住エリア。


見られてる?(笑)
DSC_0501.jpg


よくよく見ると愛らしいお顔のキリンさん
DSC_0502.jpg
かわいい(/ω\*)


悠々と歩く
DSC_0504.jpg


向こうの山も美しい
DSC_0507.jpg


疲れたら座る
DSC_0510.jpg


それもおねえさん座りで(*≧m≦*)ププッ
DSC_0512.jpg


・・・なんて個々に撮ってたりするけど、ふと顔を上げれば大群がいたりする\(◎o◎)/
DSC_0514.jpg
このシルエットがたまらん・・・
キリンはかなり好きな動物だ(*´∀`)


オルドヴァイ渓谷立ち寄る
DSC_0521.jpg
ここは現在分かっている限りでは一番最初のヒト属「ホモ・ハビリス」が発見された場所で、
人類発祥の地と言われている。
小さな博物館があった。


オルドヴァイ渓谷の駐車場を出発すると前を・・・
DSC_0531.jpg
キリンがフツーに横切る、そう、ここはタンザニア(笑)


さらに走り、いよいよンゴロンゴロとセレンゲティの境界線に。
DSC_0535.jpg
セレンゲティは国立公園なので、マサイ族ほかヒトは居住していない。


セレンゲティで宿泊するロッジは国立公園内にあるので
まずはロッジを目指してサファリしながら走る。
とすぐに・・・。


いた!!!
DSC_0545.jpg
ライオンが。しかも、近いっ!


息を殺して観察していると、寝そべっていたライオンが立ち上がり歩き始めた
DSC_0551.jpg
のしのしと歩く姿に感動♪


そしてまた座った姿にも感動(笑)
DSC_0558.jpg


いつまで見ていても飽きない・・・いろんな表情を見せてくれる。
DSC_0560.jpg


そうこうしている間に、遠くに歩いて行ってしまった
DSC_0564.jpg
ライオンさん~またね(^-^)


そしてまたしばらく行くと・・・・いたいた!
DSC_0572.jpg
チーターが。こちらも近いっ!


おなかがすいてたのかな、獲物を探してる風でうろうろと。
DSC_0575.jpg

DSC_0579.jpg

DSC_0583.jpg

DSC_0591.jpg
しなやかで美しい(*´∀`)
チーターも、本当にいつまででも見ていたい・・・。


そのすぐ近くでもまたチーターに遭遇。
DSC_0594.jpg
しかも5頭もの群れ。これはドライバーさん曰く、かなり珍しいらしい。
遠いのが残念。。。


セレンゲティはスワヒリ語で「果てしなく広がる平原」という意味。
その名の通り、どこまでもどこまでも・・・・続く平原。
DSC_0568.jpg
国立公園入り口にある丘の上で撮影。
地平線見放題!(笑)


と~にかく、広い。
DSC_0542.jpg
こちら、ヌーとシマウマの仲良しコラボ♪


そのほかにも・・・
ブチハイエナの群れ
DSC_0539.jpg

カンムリヅルのつがい
DSC_0600.jpg

池のカバたち
DSC_0602.jpg


ロッジに着くまでに、こんなにたくさんの動物に出会えてしまった。
さすがタンザニア、さすがセレンゲティ☆
ロッジ到着後、昼食と休憩を取ってから本格的サファリツアーへ♪


つづく・・・・・



<この~木なんの木?>

気になる木・・・
DSC_0603.jpg


これ、ソーセージツリーというアフリカ原産の木。
ぶら~んとソーセージ状の実をぶらさげてる。
DSC_0604.jpg


毒性があり、残念ながら(?)食用にはならないそう。
動物も食べないそうだ(^-^;)



※アフリカ旅行記、このペースだとあと何ヶ月かかるんだろう( ̄∀ ̄;)ハハハ
もう少しペースをあげれるようにがんばります。。。


nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ケニア・タンザニア サファリな旅⑥【セレンゲティ-1】 [東部アフリカ]

快晴☆
DSC_0657.jpg
(ロッジ内の展望台より撮影)


セレンゲティの大平原にサファリカーでGO!

ライラックニシブッポウソウ
DSC_0689.jpg
やっぱりキレイな鳥さんだ~♪


しばらくすると・・・発見してしまった!
DSC_0700.jpg


見えますか?
きっと、優しい方々には見えるはず・・・

ここにヒョウが!!
DSC_0700-1.JPG


双眼鏡でははっきりしっかり見ることができたのだけど
写真はこれが精一杯。
そのまま観察を続けていると・・・・


子ヒョウも現る!
DSC_0703.jpg

そのままくっついて寝る(*´∀`)
DSC_0706.jpg


画像がいまいちだけど、ズームイン☆
IMG_0218.jpg
子ヒョウもちゃんと見える~


子ヒョウちゃんが下を気にしてるので・・・
IMG_0220.jpg
観察を続けてたら♪


もう1匹現れた!
IMG_0222.jpg
兄弟かな♪


結局みんな樹の上で寝ちゃいました(^-^)
ヒョウはほとんどの時間を樹の上で生活している。
狩りの時だけ地上に降り、獲物を捕まえた後樹の上に持って上がり
他の動物に横取りされることなく何日かに分けて食べるらしい。

樹の上にいて、しかもこのヒョウ柄が見事な迷彩になるため
なかなか見つけられないヒョウ。
1回目の訪問で出会えたことは、とてもラッキーでした。
見つけてくれた運ちゃん、グッジョブ☆


その後はゾウの親子を観察し・・・
DSC_0710.jpg


だんだん暮れゆく空を、景色を、思う存分満喫し・・・
DSC_0716.jpg

DSC_0719.jpg


帰り道の池でカバを観察し・・・
DSC_0724.jpg

アクビ写真を撮り・・・
DSC_0728.jpg


白サギご一行様も池の木にお帰りになり・・・
DSC_0731.jpg


この日のサファリは終了。
つづく・・・・・・・・・




※本日よりGW休みに入りました♪なんと10連休♪♪
楽しい予定がたくさん(^-^)
皆さんも楽しいGWを~♪



nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。